So-net無料ブログ作成
検索選択

小学館の将棋マンガ・・・ [こども将棋]

先日、小学生向け将棋マンガを見つけて二冊買いました。
どちらもストーリーは荒唐無稽なんだけど、監修が森内九段だったことがポイント。夢中になって読んでいる息子を見て、小学生ってこんなのがいいんだっけ、と納得(笑)




風の棋士ショウ 1―近未来将棋バトルコミック! (てんとう虫コミックススペシャル)

風の棋士ショウ 1―近未来将棋バトルコミック! (てんとう虫コミックススペシャル)

  • 作者: 武村 勇治
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: コミック


息子、森内九段がストーリーまで考えてると勘違いして「森内さんすごい!」とリスペクト

ところで『風の棋士ショウ』の2巻は2009年5月発売予定となっているのに、今現在どこにも存在してないようで・・・。
ほとんど毎日「続きが読みたい」と訴えられているのに、どうなってるのかなぁ。
掲載紙『小学校5、6年生』の休刊と関係あるのかと思って見てみたけど、どうやら今年度は森内さん監修の別の将棋マンガが連載されていたらしい。ショウは打ち切り?
続きを待っていた子供にはひどい話だなぁ・・・。

さわやか笑顔


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。