So-net無料ブログ作成
検索選択

席主と六枚落ち [こども将棋]

ケイマの風邪は軽快し、土曜日は将棋クラブに行くことができました。

珍しく席主さんに(六枚落ちで)指してもらったそうです。
「席主さんは指さないのかなぁ」
「ものすごく強い人に相手がいないときとかじゃないと指さないんだよ」
なんてチチと勝手に想像してましたよ。

翌日、日曜日は市の子供まつりに行ってきました。
ケイマの目当ては囲碁・将棋コーナー(特に囲碁)。
将棋はクラブで指せてるから、囲碁を知らない相手と打ってみたかったらしいのですが、なんとブースに囲碁が出来る人がいなかった・・・。
それではと、将棋を小学生と一局指したのですが、「あまり強くなかった・・・」と手応えがなさそうでした。

後は30円でストラックアウトに挑戦(これはすごい人気で長蛇の列)して、フライドサツマイモや綿あめを食べて、ミニSL(150円)に乗って、まあまあ満足して帰ってきた我が家でした。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

風邪のケイマ [日記]

先週の金曜日に学級閉鎖になり、早く返されてきたケイマさん(小1)。
早く帰ってきた喜びから、近所の子と遅くまで遊びほうけ、まんまと風邪をひきました・・・。
くれぐれも学級閉鎖中に遊び回ったりしてはいけません・・・。

38度くらいまでの微熱が出たり引いたりで、乾いた咳が出ます。
インフルエンザは陰性。
でも処方された風邪の抗生剤もあんまり効いてないみたいで。

マイコプラズマも流行っているという噂を聞いて悩み中。
だとすると大学病院まで行った方がいいんだろうなぁ。
でも、もらった薬であと一日は様子を見るべきかなぁ。

こんなに悩むのも、文化の日に将棋クラブでイベントがあるから(爆

今日は竜王戦のネット中継を見たり、ハム将棋をしたり、詰め将棋を作ってみたりで過ごしていましたよ。
ハム将棋はハンデありは勝てるけど、平手はまだ苦戦中らしい。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

将棋クラブ・グランドチャンピオン戦 [こども将棋]

今週の○将タイムスに、年末グランドチャンピオン戦参加資格者の名簿が載っていました。
第二回大会の準優勝者には羽生名人の名前もある由緒ある大会です。
ケイマの名前もあったー!
先週の資格のところに「本年度昇段、昇級者」とあったので、もしかしてケイマも?って思ってたけど。

「オレ出るよ」
「対局時計使用だって」
「えーーー、できねーーー」

対局時計使うの初めてだね。
この日は空けておかないとねー。

昨日の成績は○○●●●●で、10級に昇級だそうです。
ケイマは昇級した後、だいたい連敗しちゃうんだよね・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

親子ふれあい将棋教室(in都庁)落選 [こども将棋]

秋期の親子ふれあい将棋教室に落選してしまいました。
将棋教室落選
(↑ケイマに将棋ゲームをさせてたら、携帯が妙にベタベタに・・・。レンズまで曇ってる[ふらふら]

今回はなんと羽生名人が来るということで、倍率が高いかなって覚悟はしてたけど。
この日のために、家族みんなスケジュールを空けていたのに・・・。ざんねん。

話は変わって、囲碁で井山君が二十歳の名人になりました。
トップランナーを見て以来、張栩さんも応援してたけど、翌日の新聞で井山君が(前回の挑戦でタイトルを逃したとき)「部屋に戻ってから涙が出た」と語っているのを読んで、沈着冷静な井山君だけど、やっぱり若いなぁ、熱いなぁ、おめでとう。と心から思いました。
張栩さんはまた「すごい詰め」を作ったかなぁと思っていたら、そのまた次の日の新聞に「第二子誕生の予定」とありました。どんな名前をつけるのかな〜。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

○将タイムス [こども将棋]

将棋クラブの席主が毎週発行されている○将タイムス
ハハはこれを隅ずみまで読むのがすき。
ケイマとは直接関係ない高段者の方々の成績まで、ふむふむ〜と眺めて楽しんでいます。
いろんな都合で行けなかった週は、○将タイムスが読めないことが一番残念だったりします。

先週は台風&ケイマの運動会でお休みし、日曜日、二週間ぶりに行ったら、先週の分まで○将タイムスをいただいてしまいました。
ケイマが先週行っていないことを、席主さんが覚えていてくれたことに感激。
名前と級も覚えててくれるし、ほんとにほんとにすごい。

ケイマの成績はというと・・・●●●●○
でも最後に対局したのが優しいおねえさんだったらしく、なんかちょーご機嫌で、にこにこで帰ってきましたよ。




囲碁将棋ジャーナルのこと


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

親子ふれあい将棋教室など [こども将棋]

や、やばい。10枚落ちでハムに勝った、というしょぼい記事で更新を止めていました。
それから今までにあったいくつかのこと。

1 親子ふれあい将棋教室in○○○将棋クラブに参加。

ハハ、風邪でダウン中、ケイマとチチが参加してきました。
講師は長岡裕也四段、中村太地四段。
将棋クラブでの開催だったので、都庁の時より、参加した子のレベルが、かなり高かったらしい。ていうかほとんどが有段者だった模様。5手詰めの解説などがあったらしいですが、みんな瞬殺で解いてしまっていたとか。
チチによると、講師のお二人はものすごく礼儀正しく感じがよかったそうです。チチは特に長岡四段が気に入ったらしい。
ケイマは中村太地四段に六枚落ちで教えてもらったそうです。中村四段は出世しそうなので、記念になったね。
子供大会で三勝以上するとお二人の色紙がいただけたそうですが、もちろんケイマには手が届きませんでした・・・。

2 ひとつきぶりに昇級

夏休み後半から将棋クラブで勝てなくなっていたケイマですが、久しぶりに二連勝してきました。
本人もクラブに行きたいって言わなくなってきて、このままフェードアウトも覚悟したのですが、放っておいたらやや意欲を取り戻したらしい。習い事じゃないし、こういうときは見守るしかないなぁ。

3 王位戦・・・

木村さんの三連勝で始まった王位戦は、残念な結果で終わってしまいました。
ざんねんだー。
これからも応援しますよ。

いじょう、最近のできごとでした。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハハ、ハムに勝利(ただし10枚おち) [将棋その他]

ケイマが学校から帰ってきたら自慢しようと思います(汗
たぶんバカにされると思うけど(笑

42王 24歩 32王 76歩 74歩 25歩 54歩 26飛 94歩 36飛 22王 33馬 12王 24歩 24同歩 23歩 25歩 22と (先後逆 18手)

次は、目指せ、八枚落ち!

ハムさん いつも相手をしてくれてありがと。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケイマの夏 その2 [こども将棋]

今日はお盆休み明け、ちょっと久しぶりの将棋クラブへ。
二時間弱で迎えにいったら、ケイマは五局差して全敗だったらしく、「まだ五局しかしてないよー」と不満げでした。
そうねー、昇級とはいかなくとも勝ちたいところだよね。

全敗がよっぽど悔しかったらしく、帰ってからはとりつかれたように詰め将棋を解きまくっていました。
今熱中しているのは、図書館で借りてきたこの本。

初段をめざす詰め将棋―棋力がグングン上がる!

初段をめざす詰め将棋―棋力がグングン上がる!



ドラクエをしながらくつろぐハハに、「これは解ける?これは?こんなの作ったんだけど」と自作の詰め将棋をもってにじりよってくる熱心さ。でも本を見ながら「オレ、これも解けたよ〜。これもだよ〜。」と出来る問題ばっかりアピールしちゃうところがキミの甘さだよ・・・。解けなかった問題こそしっかり見ておきなよ。

もうちょっと頻繁に将棋クラブに連れて行ってあげたいけど、駅からクラブまでの道を往復するのがコウにはきついみたいで。コウ連れで平日に行くのは限界かなぁと思い始めました。


「勝負師 命がけの一手 ~升田幸三・大山康晴~」


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ケイマの夏 [こども将棋]

ケイマさんが小学校に上がって以来(もっと前からか?)まともに更新できていませんが、相変わらず将棋熱は持続中です。
この夏は、とうとう某将棋クラブに通い出しました。

そこはちょーちょーちょー有名なクラブで、そんなところに我が家ごときが出入りしていいのだろうか、とハハは躊躇したのですが、どう考えてもそこが一番近かったので・・・。遠くから通ってくる方もいらっしゃるらしいのに、うちなんかが近いからってすみません、ってかんじです。
ハハは将棋道場やクラブのシステムをよく知らないので、最初に行ったときには、こ、これが、ちょー有名な席主さん!(とその奥さん?)、とびびりまくりでした。しかしケイマは将棋が指したい一心で果敢にお店に飛び込んで行ったのでした。

親はつきそっていられないので、ケイマがどうやって過ごしているのかはわからないのですが、席主さんも他のお客さんも子供を大切にしてくれてるみたいで、本当にありがたいです。最初はびびりましたが、やっぱりここに連れてきてよかった、と思っています。

この夏はできるだけ将棋につきあってあげよう、と思っているハハでした。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トップランナー 張栩 [囲碁その他]

遅ればせながら、トップランナーに張栩さんが出演した回を見ました。
その端麗な容姿から、囲碁界の貴公子と呼ばれてきた張栩さんだけど、今ではすっかり囲碁界初の四冠王。

おかしかったのは、妻、小林泉美六段が語る初デートの話。
「泉美さんは囲碁バカで」と張栩さんは語っていましたが、どう考えても張栩さんの方が・・・。
泉美さんの「この人を本当に理解できるのは私しかいない」って言葉、普通のカップルならただのおのろけに聞こえるけど、泉美さんが語れば「本当におっしゃるとおりです(お気の毒に・・・)」といった感じに。
バレンタインデーのプレゼントが、ハート型詰めだし。
トップ棋士同士、ケンカとかないのかなぁと前から思っていましたが、そんなことはありえなさそうなお二人でした。

後印象に残ったのは、タイトル戦初挑戦に敗れて、部屋で泣きながら「すごい詰め碁を作っておみやげにした」という話。
「すごい」詰め碁って・・・今のちょっと自慢した?詰め碁自慢してる?
みたいな(笑)

そして、異国で囲碁の才能だけを頼りに戦ってきた男の、ファイティングスピリットのすごさに感じ入りました。
張栩さんはタイトル戦の朝、大抵目が血走っているけど、一晩中囲碁を打つ夢を見ているとは・・・。
「相手の手まで考えてるわけだから消耗します」って。

十段戦の最終局は体調が悪かったらしいけど、帯状疱疹だったんですね。

井山くんは名人戦、張栩さんに勝てるんだろうか。
若い井山くんを応戦したくなる一方、これはもう、張栩さんが防衛してもまったく異議はないです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。